ハイブリッド重機全国トップの保有台数を誇る土木工事のスペシャリスト。群馬県渋川市・株式会社佐藤建設工業

採用情報会社概要/業務案内
会社概要/業務案内

会社案内

概要 Outline
会社名
株式会社佐藤建設工業
代表者
代表取締役 佐藤 本位田(さとう もといだ)
所在地
〒377-0312 群馬県渋川市小野子1839−2
Tel.0279-59-2306 Fax.0279-59-2314
Mail c-sato@satokensetsukougyou.co.jp
業種
土木工事業、とび・土工
創立
昭和43年5月1日
資本金
35,000,000円
従業員
45名
取引銀行
群馬銀行渋川支店、北群馬信用金庫子持支店
主要取引先
関東地方整備局、群馬県、渋川市、前田建設工業株式会社、クリーンエネルギー研究所合同会社、
大林道路株式会社、前田道路株式会社、池原工業株式会社、沼田土建株式会社、池下工業株式会社、
瑞穂建設株式会社、大和建設株式会社、大成ロテック株式会社
業者登録 Professional Registrations
建設業許可
群馬県知事許可 特-27 第8821号
管工事許可
群馬県知事許可 般-27 第8821号
業種
土木工事業、とび・土工・コンクリート工事、石工事業、鋼構造物工事業、ほ装工事業、
しゅんせつ工事業、塗装工事業、水道施設工事業
ISO9001認証取得
登録番号 MSA-QS-1706
ISO14001認証取得
登録番号 C0301490-EM2-C0301496
群馬県採石登録
第490号 登録年月日 平成18年12月18日
社歴 Company history
昭和43(1968)年10月
創業(★創業時の本社住所)
昭和54(1979)年2月
有限会社佐藤建材を設立。資本金3,000,000円
平成3(1991)年8月
本社を群馬県渋川市小野子1839番地に移転
平成6(1994)年10月
資本金を10,000,000円に増資
平成6(1994)年11月
株式会社佐藤建設工業に改組
平成9(1997)年5月
資本金を35,000,000円の増資
平成18(2006)年12月
村上採石場取得

表彰歴

  • 道路改築事業(国道・連携)その9(改良工)国道353号金井バイパス(上信自動車道)群馬県渋川土木事務所 優良技術者賞 H27.10.20
  • 道路改築事業(国道・連携)その15(改良工)国道353号祖母島〜箱島バイパス(上信道)群馬県建設工事表彰 H26.9.11
  • 一般土木工事 国土交通省関東地方整備局 優良工事等表彰 H26.7.14
  • H23大沢地区代替地地整備工事 国土交通省関東地方整備局 優良工事表彰・優良技術者表彰 H25.7.12
  • 平成22年度(ゼロ県債)県単治山事業 渋川小野子(一本木)地内 群馬県中部県民局 優良工事表彰 H24.10.12
  • 二社平地区代替地整備工事 八ッ場ダム工事事務所 H23.7.15
  • 平成21年度舗装補修(国道)事業 分割3号国道353号渋川市村上地内 群馬県中部県民局 優良工事表彰・優良技術者賞 H22.10.22
  • 市道(小)1号線道路改良事業(小野子地区)道路改良工事 渋川市長 阿久津貞司 優良賞 H21.11.16

保有機器

必要な工事を遂行するために、最新、高性能な重機と設備を備えています。
名称 能力
自走式破壊機 処理能力240ton/h
パワーショベル 1.9㎥
1.4㎥
ハイブリット0.8㎥
0.28㎥
ブルドーザー 13t
20t
ゴムクローラーダンプ  
ゴムクローラーキャリア 11t
ホイルローダー 2.0㎥
3.4㎥
クローラードリル  
重ダンプ 40t級
ダンプトラック 10t
4t
2t
ユニック車  
タンクローリー 4t、2t
ハイラックス・乗用車  
散水車 4t
人員
一級土木施工管理技士 12名
二級土木施工管理技士 8名
一級機械施工技士 1名
二級機械施工技士 3名
二級菅工事技士 1名
測量士 4名
登録基幹技能者 1名

会社の特徴

安心を基本に、便利で安全な地域づくりに貢献。
安心を基本に、便利で安全な地域づくりに貢献。

エコ

全国でトップクラスのハイブリッド重機導入実績。
多量のエネルギーが必要な土木工事
エコ運転実施中

土木工事は多量のエネルギーが必要です。ブルドーザ、スクレーバ、バックホー、ダンプトラックなど、各種の土木機械が活躍することで、効率を高めコスト削減につながっています。

一方でこれら重機は多量の燃料を消費します。ダムや橋梁建設、町づくりなど社会を便利にする工事には、たくさんのエネルギーが必要なのです。

燃費削減のためにハイブリッド機を導入

当社では生産性を追求する一方で、エネルギー削減を図るために最新のハイブリッド重機を多数導入しています。

ハイブリッド機は、従来は熱になって捨てられていた旋回や減速時のエネルギーを、モーターで発電してバッテリーに蓄え、旋回時に利用します。これはハイブリッド車の回収ブレーキと同様の仕組みです。

パワーショベル
導入実績は全国で一番
ハイブリッド重機 保有台数日本一

コマツが世界で最初に市場投入したハイブリッド油圧ショベルを、平成22年度に県内最初に導入。運用研究を見当した上で、以後次々と新型ハイブリッド機を取り入れ、導入実績では全国のトップとなっています(「ハイブリッド油圧ショベル保有台数」国内一)。

これにより、大幅な燃費の向上を達成。CO2削減にも大きく貢献しています。こうした当社のエコ施行は、メディアなどでも大きく取り上げられています。

群馬建設新聞掲載
  • 会社概要/業務案内
  • メッセージ
  • 先輩の声
  • 募集要項
  • インターンシップ要項
  • 教育制度
マイナビ2020
キャリタス就活2020