ハイブリッド重機全国トップの保有台数を誇る土木工事のスペシャリスト。群馬県渋川市・株式会社佐藤建設工業

会社の特徴

地域に貢献
  • 会社の特徴へ
  • エコへ
  • 骨材販売へ

エコ

多量のエネルギーが必要な土木工事

土木工事は多量のエネルギーが必要です。ブルドーザ、スクレーバ、バックホー、ダンプトラックなど、各種の土木機械が活躍することで、効率を高めコスト削減につながっています。

 

一方でこれら重機は多量の燃料を消費します。ダムや橋梁建設、町づくりなど社会を便利にする工事には、たくさんのエネルギーが必要なのです。

燃費削減のためにハイブリッド機を導入

当社では生産性を追求する一方で、エネルギー削減を図るために最新のハイブリッド重機を多数導入しています。

 

ハイブリッド機は、従来は熱になって捨てられていた旋回や減速時のエネルギーを、モーターで発電してバッテリーに蓄え、旋回時に利用します。これはハイブリッド車の回収ブレーキと同様の仕組みです。

導入実績は全国で一番

コマツが世界で最初に市場投入したハイブリッド油圧ショベルを、平成22年度に県内最初に導入。運用研究を見当した上で、以後次々と新型ハイブリッド機を取り入れ、導入実績では全国のトップとなっています(「ハイブリッド油圧ショベル保有台数」国内一)。

 

これにより、大幅な燃費の向上を達成。CO2削減にも大きく貢献しています。こうした当社のエコ施行は、メディアなどでも大きく取り上げられています。

実績紹介はこちら

骨材販売

当社では、自社保有の採石場から、各種の骨材の生産を行い、販売をしています。

自社生産のため、小回りのきく対応で、少量販売にも対応しています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

再生石材 40-0
山砕 100-0
切込砕石 40~0(C40)
山砕 300-0
粒度調整砕石 30~0(M30)
4号砕石
砕石80-40
割栗石  40-0(M40)
玉石